ボンクラ人生一直線!


ここは島生まれ島育ちのボンクラ野郎の日々の生活をちょこっとだけ見せてあげるサイトです。興味持たれた方はちょこっとだけ見てみて下さい。君も今日からボンクラ人生一直線!
by C-bonkura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

夜のピクニック

前にも書いた恩田陸の『夜のピクニック』の映画版を観ました。

正直な感想としては、惜しい!って感じです。
雰囲気もあって映像も綺麗なんですけど、ちょっと窮屈な印象を受けました。原作はゆったりとしたテンポで24時間を丁寧に描いているのですが、映画ではちょっと急ぎ足になってしまって原作独特の魅力が薄れている気がしました。

主役以外の生徒にもそれぞれエピソードがあって、映画でもそれらを詰め込んでいるせいか余計に窮屈な感じがしました。

と言ってもキャスティングは良かったと思います。主役の多部未華子も良かったです。
あの人は目がええですね。
メインの男子の2人もええ味出してました。あのモテ具合はちょっと気に入らないですが(笑)
夕日をバックに1000人の生徒が歩くシーンは綺麗でしたね。

あれ、撮影大変やったやろなー。
[PR]
by c-bonkura | 2008-06-29 15:29 | Comments(2)

仰天ニュース

昨日徹夜明けで家帰ってからグースカ寝ていたら、平岡のオカンから驚きの電話がかかってきました。

オカンちゃん、キムティカレーに戻るらしいじゃないですか。さっそく来週ライブだとか。
しかも僕が前に提供した曲を演奏することになったそうで、嬉しいです。
手前味噌ですが、結構気に入っているんですよ(笑)歌詞はオカンが書いたんですけどね、なんか乙女チック且つ情熱溢れる曲に仕上がったと思います。

もう3年も前の話ですよ。懐かしいですね。いつの間にか彼女たちも4年生になっちゃいました。ちなみに僕らの代を知っとる最後の学年です。時の流れを感じますね。

どうやら来週あるのは『若輩の宴』らしいです。ずっと続いとるのが嬉しいですね。まさかあのとき試みた企画がここまで続くものやとは思ってなかったです。今は何回目になるんかな?vol.10ぐらいになるんやろか。
いつも言っていることなんですが、いつか僕らがおっさんになって母校を尋ねたときに、vol.30とかになって続いていたら嬉しいですね。「これ、僕が部長のときに始めた企画なんですよ!」って先輩面してしまいそうです(笑)

残念なことに来週はさすがに見に行けないですが、頑張ってほしいものです。
[PR]
by c-bonkura | 2008-06-27 23:08 | Comments(0)

ぎゃっ

職場の食堂前で豆乳コーンスープなる飲み物のサンプル品を無料配布していました。

最近健康食品として豆乳がブームですが、実は僕は豆乳ナントカみたいな類いの飲み物には興味が無く、なんとなくマズそうなイメージがあるので食わず嫌いなんですよ。あ、飲まず嫌いか。

でも今回の豆乳コーンスープは飲みやすさがウリとのことやったので騙されたと思って飲んでみました。


マズイ!!!


マズイです。確かにコーンスープでしたが、塩辛くて気持ち悪かったです。なんであんなに塩辛いのか……。騙されました。
体にはええんでしょうけど、僕には無理でした。
あれ、美味しいと思う人おるんかなぁ。

これでますます豆乳と僕の間に距離ができたのでした。
[PR]
by C-bonkura | 2008-06-26 20:37 | Comments(6)

巨大ナメクジ

今日は夜から激しく雨が降ってきましたが、さっきふとベランダの窓の淵を見たらナメクジがいました。小さかったですけど、部屋の中でナメクジを見たのは初めてなのでビックリしました。一体どこから!?

そしていつ侵入したのか。
確かに洗濯物を取り入れたりはしましたが、そんな長時間窓は開けてなかったですし・・・。

そもそも昔から疑問なのは、雨じゃないとき彼らはどこに住んでいるのかということ。土の中か?

そういや、大昔に巨大ナメクジ見たんですよ。
僕の中では有名な話なんですが。
おじいちゃんと雨の日に田んぼ道を歩いていたら、めっちゃでかいカタマリが道ばたにゴロンとあったんです。
「あれ、何?」
って聞いたら、
「あー、ありゃナメクジや」
って言ってました。30センチはありましたよ。太さもボンレスハムみたいでした。
小さかったから大きく見えたんかな。
いや、あれは確かに巨大やった。

ところで、最近仕事のせいで生活が昼夜関係無しに荒れているので、メールのやりとりが思うようにできていないです。大学の友人、後輩、先輩、高校のときの友達、家族などと定期的に連絡をとっているのですが、どうしても間隔が空いてしまって皆さんには迷惑をかけてしまっています。
遅れながらも必ず返事しますので、末永くよろしくお願いします(>口<;)
[PR]
by c-bonkura | 2008-06-21 23:55 | Comments(6)

それを歌うか!?

今My Little Loverを聴いています。パソコンに入っていたのでなんとなくかけてみたのですが、懐かしいですね。『Hello, Again』とか。小学生のときぐらいかな。当時はポップスにはあまり興味が無かったのですが、遠足や修学旅行のバスなどで女子が歌っているのを聴いていたので、当時の記憶が蘇ります。

僕ホンマに流行の曲とか聴かなかったんですよ。
バスのカラオケでも『贈る言葉』とか『ギザギザハートの子守唄』とか歌っていましたから(笑)たまの『さよなら人類』とか。
一体何歳やねんって感じですよね。
添乗員さんも不思議な顔をしていました(^v^;)

もうすぐ修学旅行も終わりってときに、添乗員さんが「じゃあ最後はみんなで歌を歌いましょう」って言ったんですけど、みんながいろいろ曲名を叫んでいる中、僕は「ギザギザハートの子守唄〜!」って叫んでいたのを覚えています(笑)
添乗員さんが「それは無いわ〜。しかもさっき聴いたし」って言っていました。

うん、確かに今考えれば、最後の歌でギザギザハートは無いですね(笑)
[PR]
by c-bonkura | 2008-06-17 00:28 | Comments(2)

久しぶりのライブハウス

今日は、なんとジェラルドのライブに行ってきました!!!

数日前とある後輩から、
「ジェラルドが東京でライブするらしいですよ。行きませんか!?」
という連絡があったんです。
こりゃ行くっきゃない!ハートを磨くっきゃない!ってことで行ってきました。

いやー、相変わらずジェラルド、良かったです。
久しぶりにジェラマイさんやユウ君とも話できましたし。
カジワラ・フンジさんともめっちゃ久々に話しました!
あ、フジワラ・カンジさんか。
新しい音源も買いましたよ。

というかライブハウス自体久しぶりでしたね。
ライブ中いろんな記憶が蘇りましたよ。

いやしかし、ますますバンドしたくなってきたわ。
バンド組んでないしメンバーのあても無いのに、相変わらずちょこちょこ曲作っていますしね(笑)
作ったはええけど、どうすんねんコレ!って感じ(>v<)
参ったな、こりゃ。

ギター引っ提げて、とりあえずピン芸人でやろかな。ホンマ。
[PR]
by c-bonkura | 2008-06-14 23:35 | Comments(2)

〜といえば

と、ドラ映画はこの辺にして。

いやぁ、気づけば6月ですね。梅雨まっただ中です。6月らしくじめじめしています。
そしてバイトしていた結婚式場は6月らしく忙しいみたいです。

6月が終わればいよいよ夏ですね。夏は汗さえかかなければ好きなんですけど。
まぁ汗かいてこそ夏なんですが。いや、僕めちゃめちゃ汗かきなんですよ。タオルの消費は激しいわ、メガネはずれるわで、落ち着かないんですよね。

夏といえば花火ですが、今年はこっちで見ることになるのかな。尾道の花火も好きなのでどっちも見たいですね。まぁたぶん無理でしょうけど。去年は頑張って女の子と見に行こうとしましたが、見事に空振り三振で結局バイト先の塾の屋上で見る羽目になりました。いや、でも屋上の花火良かったですよ。ホンマに。強がりじゃないですって。生徒はうるさかったですが(^v^;)

あ、三振って別に三人の人に断られたってわけじゃないですからね(笑)
言葉の綾です。

花火といえば人ごみですが、最近は物騒な事件が多くて、人ごみの中に行くのは恐い今日この頃ですね。つい最近も恐い事件ありましたし。
信じられないですよ、ホンマ。
あのー、犯行の元凶が「彼女がいない」らしいですが・・・
彼女おらん男なんか、よーさんおるがな!
ここにもおるし!!!

近い場所に住んでいるだけにショックが大きかったです。人ごとじゃ済まされないですよね。
被害にあった人たちの分も頑張って生きなアカンって思いました。
[PR]
by c-bonkura | 2008-06-11 23:41 | Comments(0)

鉄人兵団

これはタイトルの割に内容が重いです(笑)

人間がロボットを支配するのか、ロボットが人間を支配するのか、それとも共存が望ましいのか、そんなロボットと人間のそれぞれの主張がテーマとなった作品です。のび太たち人間とロボットとの闘いが描かれていますが、まさにターミネーターですよ。
もちろんのび太たちは共存を望んどるんですけどね。

この作品が他のと明らかに違うのはラスト。
誰の手も借りずにドラえもんたちの力だけで解決させてしまいます。というかしずかちゃんの一人勝ちです(笑)しずかちゃんのナイスアイデアで平和を取り戻すんですよ。
でもそれを除いても最後は予想外の展開で感動しました。

あとしずかちゃん、サラリと名言を残しています。
「人間はときどき理屈に合わないことをするものよ」
と。
小学5年生が言うセリフかい!

ちなみに前に、あるサイトでドラ映画の人気投票見たら、この作品が1番だったんですよ。しかも作者の藤子不二雄さんもこの作品が一番のお気に入りだそうです。
確かに、ドラえもん自体ロボットなだけにテーマが詰まった内容の濃い作品のような気がします。あとやっぱりラストが印象的です。泣かせてくれます(笑)

タイトルからは想像できない、開けてビックリ玉手箱って感じですね。
[PR]
by C-bonkura | 2008-06-09 23:37 | Comments(2)

雲の王国

今まで良いことばかりを書いてきましたが、印象に残っていると言っても、何も良い印象ばかりではないです。
今日は大好きやけど、それだけにちょっと引っ掛かる部分がある『雲の王国』について。

自分たちだけの王国を!と雲の上に楽園を作るという話なです。
この作品、一言で言うと"暗い"です。

簡単に言うと、雲の上には実は天上界という世界があって、そこに住む天上人(この人たちも地球人)は自然破壊を繰り返す地上人に腹を立て、地球を滅ぼし地上人を移住させるという「ノア計画」を企みます。その事実を知ったドラえもんたちと、ある地上人(ひょんなことで雲の王国へたどり着く)は最初は説得しようと試みます。ところが天上人は耳を傾けてくれず、最終的にドラえもんたちは彼らに宣戦布告をしてしまうんですよ。

ここからが恐ろしいんです。ドラえもんが「使うつもりはない。あくまで天上人への脅しだ」と言いながら用意した大砲を、不運にも一緒にいた地上人に乗っ取られ、ついに天上界目がけて撃ってしまいます。
思わぬ事態に自分を責めるドラえもんは、さらに追い打ちをかけるかのごとく仲間であるスネ夫にも「使うつもりないなら出すな!」などと責められ、挙げ句の果てに雲の王国ごと破壊してしまうガスタンクに自ら突っ込みます。

自分たちが撃ったわけではないにしろ、天上人に兵器を向けてしまったこと。
そのせいで起きた仲間割れ。
そして王国もろとも滅亡させるガスタンクに突っ込むドラえもん。

これは暗過ぎます。
このドラえもんが突っ込むシーンは、初めて見た当時は感動しましたし、現に感動の名場面とされています。しかし、今改めて考えると実は感動の一言では済まされないんじゃないかと思いました。のび太たちの命も奪いかねない無責任とも言える行為は恐ろしいですし、それをしたところで何の解決にもならないんじゃないかと。

結局最後は、地上人の自然保護を長い目で見てみるということで話は一件落着しますが、ドラえもんお得意の夢いっぱいのエンディングという感じではないですね。どこか煮え切らないというか。

と言いつつも、好きなことは好きです。この作品、テレビアニメともリンクしているんですよね。リアルタイムで見ていた人にとっては懐かしいキャラクターが出てきたりして、お楽しみ要素もあります。
そして何と言っても主題歌が良いです。抜群に良い。哀愁漂う歌がこの作品に合っていると思います。

そんなわけで、好きやけど、考えさせられることが多い深い作品です。
これを題材に真面目に議論できるかもしれません。ご覧になった方はいつか意見を聞かせて下さい(>3<)
[PR]
by c-bonkura | 2008-06-04 23:47 | Comments(2)

『夢のゆくえ』と『何かい事きっとある』

今日は映画の中身と同時に主題歌も印象に残っている作品を。

『夢のゆくえ』は『ドラビアンナイト』の主題歌です。
前にコメントで書きましたが、優しくて綺麗な曲なんですよ。なんか夜寝る前に聴きたい感じ。歌詞にもありますが、砂漠の神秘的な情景が浮かびます。
砂漠行ったことないですけど(^v^;)
あ、鳥取砂丘ならあるわ。

本編の方も好きです。序盤からしずかちゃんが行方不明にるんですけど、一致団結して探すあたりが、ドラえもんお馴染みの仲間意識が感じられる話でした。相変わらずジャイアンも映画ならではの優しさと強さを発揮しています(笑)

『何かいい事きっとある』は『ブリキの迷宮』の主題歌。
これ、アイドル時代の島崎和歌子が歌っているんですよ!!!
まぁ本人は今でもアイドル現役と言い張っていますが(笑)
島崎和歌子が歌っている時点でバッチリ印象に残りますね。と言っても初めて聴いた当時は知らなかったですが。

もちろん本編も好きです。ユニークな場面が多く、印象に残っていますね。
最後敵のロボットがみんな揃って、「イートーマキマキ♪」と歌って壊れていく場面とか。笑えるラストですね。印象に残っているラストシーンのベスト3に入ると思います。
[PR]
by c-bonkura | 2008-06-02 23:11 | Comments(0)

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

最新のコメント

★skbs すごいな!..
by C-bonkura at 22:53
★kaorin913さん..
by C-bonkura at 22:51
作品制作お疲れさん。 ..
by skbs at 23:42
家族に乾杯(^-^)です..
by kaorin913 at 23:34
★kaorin913さん..
by C-bonkura at 22:30
ボンクラさん応援してます✊‼
by kaorin913 at 11:09
★kaorin913さん..
by C-bonkura at 10:51
楽しそうなオムツ交換です..
by kaorin913 at 23:35
★kaorin913さん..
by C-bonkura at 22:48
おめでとうございます。 ..
by kaorin913 at 23:51

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧